RECRUIT

RECRUIT

テレビが好きな人!ディレクター・プロデューサーを目指す人!大募集

業務内容
業務内容 ●ばんぺいゆ内、各都内テレビ局及びテレビ番組制作会社での番組企画制作業務 具体的な仕事内容 ●番組制作にかかわるアシスタント業務全般
未経験者・経験者ともに大歓迎!
雇用形態正社員(試用期間有り)
勤務地 ・本社内、各テレビ局勤務時間11:00~20:00 ※担当番組より変動あり給与●月給20万円以上
○未経験者/3ヶ月試用期間有
※能力・経験等により決定。休日・休暇週休制(担当番組により異なる)福利厚生健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険応募・選考方法について
履歴書について
履歴書 ・書式は自由です。
・郵送の際は、履歴書に顔写真の添付をお願いします
メールによる送信先
アドレス info@bampeiyu.co.jp
郵送による送付先
住所 〒106-0044
東京都港区東麻布1-29-3 K&N麻布 201号室
募集要項
募集職種 アシスタントディレクター(AD)

  ※履歴書をメール又は郵送にてご応募下さい。

 

    スタッフ紹介①

     

    吉田萌海 (ディレクター2年目 入社7年目) 神田外語大学卒

 

    1. 担当番組
      「乃木坂工事中」、「乃木えいご」、「のぎ天2」
      「乃木坂46時間TV」、「世界!旅々さまぁ~ず」、「イガイ星人」など

 

  1. ディレクター2年目の吉田です。
    5年間のAD時代を経て現在はディレクターとして仕事をさせて頂いていますが、
    ディレクターになれたことで、やっとスタートラインに立てたと思っています。

    ディレクターの仕事を経験してみて感じるのは、素早い判断力・発想力・決断力など、
    ただ毎日を全力で走っていたADの頃とは、また違った大変さ難しさがいっぱいですが、

    入社7年目、仕事をしていて私が大切だと思うのは“信頼関係”です。
    どの仕事でも大事なことかもしれませんが、番組作りをする上で社外の人たちと日々関わり合いながら仕事をしています。
    他人から信頼を得ることは簡単ではありませんが、
    「吉田なら仕事を任せられる、また一緒に仕事がしたい!」と思ってもらえるような信頼されるディレクターを目指して、
    まだまだ頑張らないと!と思います。

スタッフ紹介②

 

大角勇貴 (AD3年目 入社3年目) 南山大学卒

 

  1. 担当番組
    金曜★ロンドンハーツ

 

  1. 入社3年目の大角です。
    入社してから、ずっとロンドンハーツを担当しています。
    番組を担当した日から今日まで、新しい発見の毎日です。
    AD業務には、演出面に関わる事から、雑務まで幅広くあります。
    ドッキリ企画で、村や島を丸ごと仕込んだり、朝6時に富士そば16人前を走って買いに行ったこともありました。
    ADの仕事の一つに、シミュレーションがあります。

    ドッキリ番組で、よく落とし穴がありますが、芸人さんが落ちる前に、何回もADがシミュレーションをしています。
    どんな落ち方をするのか、実際に落ちる芸人さんがどんな事を言うのか、
    そもそも危なくないか等、シミュレーションを経て、本番の成功があります。
    僕自身も、熱々のロウを全身にかぶったり、底なし沼にはまったり、

    爆発するカレーうどんを食べたり、いろんな事を経験させてもらいました。
    まだ誰もしたことがないことを経験する事に、怖さもありますが、ワクワクしたり、楽しさがあると思います。
    いろんなことを楽しんで取り組める人は、この仕事向いているんじゃないかなと思います。
    一緒に面白い番組を作りましょう!そして一緒に落とし穴にはまりましょう!

スタッフ紹介③

 

眞島裕也 (アシスタントディレクター2年目 入社2年目)神奈川大学卒

 

  1. 担当番組
    「アメトーーク!」「日曜もアメトーーク!」

 

  1. アシスタントディレクター2年目の眞島です。
    1年目の仕事内容は、見て学ぶことや先輩方に言われて
    行動するなど受け身の仕事が多かったように感じます。
    徐々に担当を任せていただけるようになり少しずつ仕事の幅が広がりつつあります。
    私が担当した企画の中で一番記憶に残っているのは、

    末アメトーーク!スピンオフ企画として放送されている「ホリケンふれあい旅」です。
    地方ロケで、出演者であるネプチューンの堀内健さんと距離が非常に近く、
    ロケが終わり収録の際にも名前を覚えていただけていて非常に光栄でした。
    他の番組の収録でプロデューサーが堀内健さんに会った際にも

    私のことをお話しされたと聞いて嬉しかったです。
    私がディレクターになったら、覚えていていただきオファーした際に

    快諾していただき視聴者が楽しめるような番組を作ることが出来たらいいなと思っており、
    実現するよう日々仕事に打ち込んでいきたいと思っております。